BOアンテナヘッドライン by binopya

2015年03月26日

ファイブスターズオプションのキャンペーンがおいしかった件

ご無沙汰してます。

最近はほとんど取引してなかったのですが、3月に入ってからファイブスターズオプションという業者の連勝キャンペーンを知って挑戦してみました。

もう終わってしまいましたが、キャンペーンの内容としては500円以上の60秒オプション取引10連勝につき5000円のボーナス(上限50000円)というもの。

ドル円の倍率は1.7倍(変動制?)と低めでしたが、5000円をワンセットと考えると5000円のチケットに対してスプレッドなしでHIT時の払い戻しが13500円!もあるわけですよ。実際には連打しても最短3秒程度のラグがあるにしても、普通に考えたらバランス崩壊待ったなし。

で、実際に試してみたらやっぱり余裕(笑)。結局守りに入って10連勝4回で残金2万円弱(これでもプラス)状態でボーナス付与を待っていたのですが、昨日しっかり20000円残高が増えてました。

あまりに設定がおいしいので正直やや疑ってはいたのですが、今日の午前中に出金手続きをしたところ、午後には銀行に入金がありました(クイック出金手数料1000円)。働いたら負けでござるレジスタードマークさんのところでは3日で出金と書かれていますが、まさかの即日出金。

ということで、通常時の倍率に関しては良いとは言えませんが、キャンペーン開催時には積極的に狙ってみてもいいのではないでしょうか。ちなみにサイトはレスポンスが少々悪い印象ので、スマホアプリが必須ではあるとおもいます。アプリは快適です。

相場的にBOなんてやってられないという人も多いかもしれませんが、注目しておいてみてはいかがでしょうか。
posted by binopya at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

相変わらずのバイナリオプションバッシング? 詐欺には注意!

新年早々のニュース、今年もBOに対する風当たりは強そうです。

YAHOOニュースより-「ニートでも週1000万超え」ステマで釣るバイナリー投資の甘い罠

実際この手のステマはだいぶ見飽きた感があるとはいえ、よく調べずについつい登録、入金してしまう人も中にはいるでしょう。

海外無登録業者とひとくくりにいっても、まっとうにサービスを提供している業者もあれば、専ら詐欺を目的とした業者もあります。

身銭を切るわけですから、サービス提供会社について調べる程度の責任は利用者にあると思うのですが。

ところでニュース記事では『金融庁も"お手上げ"』なんて紹介していますが、無登録海外業者への流出を実質的に促したのは金融庁であることを分かって書いてるんでしょうかね。

『賭博性の強さから批判の声が上がって業界による自主規制も進み』とは書かれていますが、一体誰が主導したんでしょう。

十分に賭博性の強いFXや信用取引を差し置いてBOの賭博性が強いと勢いで押し切って行われた誰の得なのか分からない規制が、一連のBO詐欺被害発生の土壌を作ったのは間違いないでしょう。

もちろん、詐欺を働く輩が悪いのは言うまでもありませんが、こうなることが誰でも容易に想像できたにも関わらず何も対策せずに放置した結果が被害増加ですから、『お手上げ』とか言ってる場合じゃないはずなんですけど、どうにも当事者意識が希薄に感じてしまいますよね。

たとえば詐欺被害者数を減らすだけならいったん自主規制前の状況に戻すだけでも効果的なんですけど、後戻りするとプライドにかかわるからできないんでしょうか。

報道する側もあくまで悪いのは詐欺業者ということを強調して正しく伝えてもらいたいところではありますが、昨年からの報道ぶりを見ていると何か、どうもバイナリオプション自体が問題であるかのような印象操作をしようとしている気がするようなしないような・・・。
posted by binopya at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

今年の抱負

去年は新BOに対応しきれず、ハイローへの参戦が遅れたこともあってろくな目にあいませんでした。

10月頃にハイロー一本で行けそうな気がしてシグナルのテストを進めていたのですが、そこからの激しい動きに翻弄されてしまいました。

あの一時期がなければ、といっても後の祭りなのですが、とにかくアベノミクス恐るべしの一年でしたね。

これまではリアルタイムに収集したレートから算出した指標のみを参考にしていたのですが、前日ピボットを参照するようにした結果、若干的中率が向上しました。

的中率的には年末のようなあほらしいボラティリティ相場でさえなければ十分戦えるレベルですが、あとは円安がネックです。

円高でも円安でもバイナリオプションの戦略には影響なく思えるかもしれませんが、ドル円のレンジスプレッドが広くなりがちなのはマイナスです。

でも過去の例から見て仮に旧外為オプション(倍率制)が存続していればこの状況ならおそらく平気で倍率1.5倍を割っていたであろうことを考えると、ハイローはまだまだ良心的に思えます。

今回の円安もそうですが、「もう少し前だったら」と思う状況が過去何度もありました。特にBO周りは環境の変化が目まぐるしく、詐欺問題もあって今年もいろいろありそうな気がします。

今年は「もう少し前だったら」ということを減らせるようにフットワークを軽くしたいなあ、と思っています。

今年もよろしくお願いします。
posted by binopya at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。